Googleコアアップデート2020に伴うSEOで大打撃?!

『Innovation weekend』では革新的な新しいサービスや、日々の生活の中で役に立つお得な情報、さらに今話題の気になる人物をピックアップしてご紹介しています!

今回は、先日2020年12月4日に、発表されました「Google検索アルゴリズムアップデート(the December 2020 Core Update)」について調査・まとめしたいと思います。

毎年来る、この恐怖のイベントですが、ブログサイト等を運用されている事業者様や個人様は、気が気でないと思います。

スポンサーリンク


私もその一人ですw

昨年の恐怖のGoogleコアアップデートで大打撃を受けた方もたくさんいらっしゃると思います。
サイトのSEOにも多く影響を及ぼすこともあり、サイト収益にも影響が多大になる可能性もあります。

 

ちなみに、Google検索アルゴリズムアップデートとは?

なんでしょうか?

Google検索アルゴリズムアップデート(the December 2020 Core Update)の目的

Googleさんの目的としては、

Googleアップデートの目的
ユーザーにとってより使いやすい検索エンジンを目指すためのアップデート

この恐怖のアップデートにより、丹精込めて作成、運用している、自サイトへのGoogleからの評価が変わり、

検索順位が大きく変更して、大きな影響をうけることがあります。

今回のGoogleのアップデートがどのような変更になるのかを予測し、対応するためには、

過去Googleが実施したコアアルゴリズムアップデートの歴史を把握し、研究し、

Googleがどのような観点を大切にして、重視しているのかキャッチアップしておくことが重要です。

Google検索アルゴリズムアップデート(the December 2020 Core Update)の歴史

では、過去のGoogleコアアップデートの歴史をざっくりみていきましょう!!

Googleコアアップデートの歴史?

1 2010年以前のコアアルゴリズムアップデート情報
2 2011年2月:パンダアップデート(Panda Update)
3 2011年11月:フレッシュネスアップデート(Freshness Update)
4 2012年4月:ペンギンアップデート(Penguin Update)
5 2012年5月:ナレッジグラフ(Knowledge Graph)導入
6 2012年8月:パイレーツアップデート(Pirate Update)
7 2012年9月:イグザクトマッチドメインアップデート(Exact Match Domain Update)
8 2013年6月:ペイデイローンアップデート(Payday Loan)
9 2013年9月:ハミングバードアップデート(Hummingbird Update)
10 2014年8月:HTTPSをランキングシグナルに使用することを発表
11 2014年12月:ベニスアップデート(Venice Update)
12 2015年3月:ドアウェイアップデート(Doorway Update)
13 2015年4月:モバイルフレンドリーアップデート(Mobile Friendly Update)
14 2016年5月:リッチカード導入(Rich Cards)
15 2016年9月:AMP正式導入
16 2017年2月:日本語独自のアルゴリズム改善を発表
17 2017年3月:フレッドアップデート(Fred Update)
18 2017年4月:アウルアップデート(Owl Update)
19 2017年12月:医療健康アップデート
20 2018年3月:コアアルゴリズムアップデート
21 2018年7月:スピードアップデート(Speed Update)
22 2018年8月:コアアルゴリズムアップデート
23 2019年3月:コアアルゴリズムアップデート
24 2019年6月:The June 2019 Core Update
25 2019年9月:September 2019 Core Update
26 2019年10月:BERTアップデート(BERT Update)
27 2019年11月:Nov. 2019 Local Search Update
28 2020年1月:January 2020 Core Update
29 2020年5月:The May 2020 Core Update
30 2020年5月:Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を発表
31 2020年8月:インデックスシステムの問題が検出
32 2020年12月:The December 2020 Core Update

引用:Wikipedia

過去のアップデート内容をたどると、以下のようなサイトのコンテンツに係る指標が、
評価観点として追加されていきました。

過去のアップデート内容
・過剰・関連性が低いチープな外部リンクへのパナルティ
・著作権侵害へのペナルティ
・ローンやクレジット関連、アダルトやポルノ関連のペナルティ
・HTTPSの重要性
・量より、質の重要性
・モバイルスピード・モバイルユーザビリティの重要性
・医療情報の正確性
・YMYL領域では、E-A-Tが重視

過去の、数々のGoogle検索アルゴリズムアップデートは、

Googleの基本ポリシー「Google利用者に優れたコンテンツを提供」を軸に、

コンテンツの質の改善を、実直にすすめているのです。

これは、Googleのビジネス収益モデルが広告モデルのため、だめなコンテンツやスパムコンテンツが増えると、

そもそも、ユーザがGoogleから離れ、

広告主がGoogleから離れ、

Googleのビジネスが停滞していくことにつながるので、

Googleとしても、このアップデートによるコンテンツ進化が生命線なんですね。

Google検索アルゴリズムアップデート(the December 2020 Core Update)は、いつから始まる?

Googleの公式Twitterによると

「既に変動は始まっており、最終的に順位確定するまでに1週間~2週間程度の時間を要すると発表されております。」

と、すでに、2021年12月4日時点で、すでにGoogle検索アルゴリズムによるサイト順位再評価はスタートしています。
つまり、Google検索アルゴリズムコアアップデート2020は既に始まっております

Google検索アルゴリズムアップデート(the December 2020 Core Update)への対応策は?

質の高いコンテンツを提供できているか判断するには、王道はありません。

ただ、本質的な部分においての対策はあります。

ウェブマスター公式ブログに記載されている品質ガイドラインを確認し、

サイトのコンテンツを改めて見直し、改善に努めましょう。

安易な抜け道策や、外部リンクの購入といったものは、既に、

Googleの驚異的な不正チェックの仕組みの前では、すぐにみやぶられてしまいます。

まずは、荒波を乗り越えるためには、立ち向かう敵を徹底的に学ぶ必要があります。
SEOを本格的に知識として体型だって学んでいない方は以下を参考にしてみてもよいかもです。

Googleマイビジネスのオーナー確認ができない!確認コードが入力できない!の解決方法を解説!

2021年1月8日


スポンサーリンク

まとめ

  • Google検索アルゴリズムアップデート2020は、サイト順位・収益に大きく影響する
  • Google検索アルゴリズムアップデート2020は、2020年12月4日時点で既に始まっている
  • Google検索アルゴリズムアップデート2020は、対応策に裏道はない。基本はガイドラインに準拠することが近道

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です