【真相は?】マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師とは、いったい誰?どんな人?

『Innovation weekend』では革新的な新しいサービスや、日々の生活の中で役に立つお得な情報、さらに今話題の気になる人物をピックアップしてご紹介しています!

今回は、先日、突然亡くなられた、サッカー界の英雄「ディエゴ・マラドーナ」さんの主治医レオポルド・ルケ医師を調査・まとめしたいと思います。

マラドーナさんは、今月60歳の誕生日を迎えた3日後、貧血と脱水症状でクリニックに入院しました。

翌日、彼は硬膜下血腫に関連する脳の出血、または脳の血栓のために緊急脳外科手術を受けました。

マラドーナさんは退院後、自宅で24時間態勢で治療を受けていたが、2020年11月25日に心臓発作でお亡くなりなられました。

翌11月26日、ブエノスアイレス郊外の墓地に埋葬されております。

2020年11月30日現在、複数のアルゼンチンのメディア等で、ディエゴ・マラドーナ氏の死に関して、主治医であるレオポルド・ルケさんが捜査対象となったと報じられております。

ちなみに、英雄マラドーナさんとは?

マラドーナとは?
・1977年に歴代最年少でアルゼンチン代表にデビュー

・1979年にはU-20アルゼンチン代表としてFIFAワールドユース選手権で優勝し、大会最優秀選手を受賞

・FIFAワールドカップに1982年大会から4大会連続で出場

・1986 FIFAワールドカップ優勝に導く

・1986年のFIFAワールドカップの準々決勝のイングランド戦で見せた「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルを披露し、サッカー界において後世に語り継がれる伝説のヒーローとなった。

引用:Wikipedia

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diego Maradona(@maradona)がシェアした投稿

サッカー界でマラドーナさんが、いかにすごい人だったかは、以下の動画がわかりやすいです。

マラドーナさんの紹介は、このぐらいにして、

さて、今回のメインテーマのマラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師とは?

と思われる方がいるに思いまして、海外のメディア含めてリサーチしてみました!

さっそく、

『 マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師とは、いったい誰?どんな人?!』についてまとめていきます!

笠りつ子は結婚した旦那(夫)や彼氏はいる?性格や韓国国籍説を調査!

2019年10月31日

スポンサーリンク

マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師のプロフィール

名前:レオポルド・ルチアーノ・ルケ

生年月日:不明。おそらく40代?

現職:
・ColumnaBairesクリニック・ブエノスアイレス大学の神経外科医
・Argentine Journal ofNeurosurgeryの編集委員会のメンバー
・Argentine Association of Neurosurgeryの専門コーディネーター
・アルゼンチン神経外科協会の正会員

出身大学:ブエノスアイレス大学

所在地:アルゼンチン ブエノスアイレス州 ブエノスアイレス

家族:妻、Facebookを見る限りお子さんがお2人いるようです

引用元:ブエノスアイレスのクリニックHP

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diego Maradona(@maradona)がシェアした投稿

マラドーナさんと並んで、笑顔ですごく親密な関係そうですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Diego Maradona(@maradona)がシェアした投稿

 

マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師は怪しい?真相は?

アルゼンチンのメディアによると、

アルゼンチン当局は、ルケ氏への疑惑として、

「手術の後の自宅療養において、適切な、一定の条件を満たしていなかった疑いがある。」

とのことです。

マラドーナ氏の弁護士マティアス・モーラ氏が、

「医療従事者は怠慢だった」

と主張しているとのことです。

また、マティアス・モーラ氏はSNSへ

「私の友人が12時間の間、医療従事者から注意や制御を受けていなかったことは説明できません」
「救急車が到着するまでに30分以上かかりました。これはな許しがたいことだ。」

と投稿しているようです。

一方、検察は

「救急車が到着に要した時間は12分だった」

と主張しているようです。

当事者であるレオポルド・ルケ氏は

「心臓発作用の除細動器がマラドーナ氏の家になかったこと」を問題視している。
「自宅でのケアは自身の責任ではない」と明言しています。

また、
「私は神経外科医だ」
「そして彼の担当医であり、自分のやった全てに誇りを持っている。隠すようなことは何もない。私は正義に従う人間だ」
と潔白を主張されています。

真相は、まだ調査中のため、まだ、わかりませんね。

サッカー界、アルゼンチン国内のみならず、

突然のマラドーナさんの死に、皆さん、悲しみにくれていることが、世界中のメディアを通して伝わってきます。

お亡くなりになられたマラドーナさんの生前の独白本を読むともっと、マラドーナさんのことがわかるとおもいます。


まとめ

  • マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師はアルゼンチンブエノスアイレスの医師
  • マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師は脳神経外科の専門医
  • マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師は近年、マラドーナ氏とも親密な関係があった
  • マラドーナの主治医レオポルド・ルケ医師は結婚されていて、お子さんがいらっしゃる
  • ルケ氏の主張、マラドーナ氏の弁護士の主張や検察の調査、を踏まえて、今後真相があきらかになると思われる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です